キラは実在するのか


by mi1dojbwe4

カテゴリ:未分類( 73 )

 プルタブ(缶のふた)を回収し、車いすに交換するという善意の活動が揺れている。缶飲料はかつて、ふたを開けるとタブが本体と離れるタイプが多く、タブ回収は環境と福祉の両面に優しい取り組みとして全国に広がった。しかし、ふたを開けてもタブが本体から外れない缶が主流となったことで、回収業界には「無理に切り離すとけがにつながる」「タブだけ持ち込まれても処理が困る」として、引き取りを拒否する動きも出ている。ただ、回収運動を行っている学校や団体は今でも少なくなく、困惑が広がっている。

 「タブを集めて車いすに」という取り組みは、かつて人気歌手のラジオ番組を通じて広く知られるようになったという。タブを業者に買い取ってもらい、代金で車いすを購入するという仕組みだ。

 当時は、本体からタブが切り離される缶が多く、道端などに散乱したタブが環境美化の観点から問題視されていた。「車いすとの交換」は、環境と福祉が結びつき、手軽にできる活動として全国に拡大した。

 その後缶は改良され、近年ではタブが外れない固定タイプが主流となったが、大阪府理容生活衛生同業組合では、今でも多いときは週に400キロのタブが集まるという。特定業者に引き取りを依頼し、過去7年間で車いす321台を福祉団体などに寄贈している。

 組合によると、缶そのものの回収は保管場所やにおいなどの衛生管理がネックとなり、タブだけの方が集めやすいという。組合は「小学校や老人会など大勢の方が福祉のために集めてくださっている。街の中にボランティアが根付いている証拠」としている。

 これに対し、回収業者など34社でつくる「アルミ缶リサイクル協会」では、現在では缶からわざわざタブを外す際に指を傷付ける危険性があるとして、缶ごと回収することを呼びかける一方、タブのみの回収は拒否する姿勢をみせている。

 協会は、アルミとして重量で売買されることから「缶の回収の方がタブだけよりも40倍の価値がある」と説明。車いすと交換するには、タブだけだとドラム缶1本分ぐらいが必要になるという。

 協会では昨年12月末、「リサイクルはタブをつけたままで」という広報をホームページにアップ。同様のちらしで2年前から啓発しているが、安倉教隆専務理事は「タブ回収運動は根強く、なかなか理解してもらえず困っている」と話す。

 大手飲料メーカーも「タブを切り離すことは想定されていないし推奨しない」と強調。愛知県の回収業者は「善意でやっている方には申し訳ないが、タブは小さすぎて処理装置にかけにくく、別の工程が必要になる」と話す。

 こうした動きについて、関西福祉大学の平松正臣教授(社会福祉)は「タブを集めるだけでなく、その後車いすになるまでの過程を理解する必要がある。善意を無駄にしないため、タブの回収が全体の中でどの位置にあるのかを知ることが本当の福祉につながる」と指摘している。

【関連記事】
レジ袋追放は偽善、ペットボトルは燃やせ…常識覆す提案
ごみ収集車こそ無駄…分別34種類の「聖地」
初音ミク、エコで一肌脱ぐ 経産省の「たんすケータイあつめタイ」
アルミ缶リサイクルで結婚式 サイトで缶の寄付呼びかけも
落とし物?リサイクル? 難波宮跡近くで藤原宮の瓦出土

魚沼で働こう
バリバリ秘書でがんばるぞ
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
現金化
[PR]
by mi1dojbwe4 | 2010-01-12 10:41
 広島、長崎それぞれで直接被爆し、「二重被爆者」として初の公式認定を受けた山口彊(やまぐち・つとむ)さん(長崎市在住)が4日午前5時38分、胃がんのため長崎市の病院で死去した。93歳だった。密葬は近親者で済ませた。

【写真特集】長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影

 三菱重工業長崎造船所の設計技師だった山口さんは1945年8月6日、出張先の広島市(爆心地から3キロ地点)で被爆。列車で8日に長崎へ戻り、9日には再び爆心地から3キロ地点で被爆した。2回の被爆で左耳の聴力を失い、急性白血病や白内障などの原爆後遺症にも苦しめられた。

 非核や平和の思いを伝えようと、02年には短歌集「人間筏(にんげんいかだ)」を自費出版。05年、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたことをきっかけに、それまで以上に積極的に被爆体験を語り始めた。06年8月には、米ニューヨークの国連本部を訪れ、自身が出演した記録映画「二重被爆」を上映し、核兵器廃絶をアピール。09年3月、長崎市から広島での被爆事実の認定を受けた。

 二重被爆者については、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が05年、被爆者の体験記約10万点と死没者約1万7000人を調べ、広島、長崎の両方で直接被爆した記録が9件見つかったが、確定はしていない。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
【当時の写真と新聞紙面から】広島に原爆投下
【当時の写真と新聞紙面から】長崎に原爆投下
【写真特集】米兵が撮った1945年の東京
【写真特集】沖縄戦:「鉄の暴風」死者20万人 徹底抗戦で「捨て石」に

くにおのブログ
たかしのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
現金化
[PR]
by mi1dojbwe4 | 2010-01-09 12:08
 08年6月の岩手・宮城内陸地震で被災した宮城県栗原市栗駒耕英地区の住民たちが、被災後初めて自宅で正月を迎える。「一年一年着実に頑張ろう」と生活再建への思いを新たにしている。

 耕英地区では「駒の湯温泉」で7人が死亡し、ふもとからの道路が寸断された。復興元年と位置付けた09年。5月に避難が解除され、11月に道路が全面復旧。温泉宿泊施設も営業を再開するなど観光復活にも光が見え始めた。

 今年4月に民宿を再開させる金沢大樹(たいじゅ)さん(67)の自宅には地震後、補強のための太い柱が立った。「いままで先が見えず不安だったが、新しい年は希望が持てます」。笑顔で生後4カ月の孫湊平(そうへい)ちゃんを見つめた。【丸山博】

【関連ニュース】
農業用ダム:44カ所に問題 農相「今後国営の建設せず」
農業ダム:44カ所に問題 国は新規建設せず−−農水省調査
安心・安全ナビ:「防災士」とは、どんな資格なの。
備える:地震の基礎知識/2 活断層
だいじょうぶキャンペーン:全国に広がる 安全・安心・笑顔の街に

みつよしのブログ
三河の殿様
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
現金化
[PR]
by mi1dojbwe4 | 2010-01-07 19:00